グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット
「グリーン・ホーネット」(greenHornet)は、2,011年間の開いたアメリカ映画です。
それは、テレビドラマまたはラジオ・ドラマで知られている「グリーン・ホーネット」の映画化です。

息子(ロサンゼルスの出版者がショックの死んだ新聞紙長のブリット)によって
父が噛まれたことは、機会で社長のシートで、急いでつけられました。
ブリットは社長になったことによって前の消散の方法を考えて、正義感に気づいて約束します。
「損失から悪者を敗北させました」。緑のマスクで大好きな車に本当の顔を隠している
「グリーン・ホーネット」として「発明者である」ケートーが開発した
スーパーマーケット機械「ブラック・ビューティー」を悪者がカットするように
ブリットは父のドライバーがいた上海から日本語でケートー(ケイ)とエスプレッソ職人と
エンジニアの組合せを横切って、それに疑問を呈します。
しかし、新しく秘書として雇用したセクシーな知識人美しい女性の上に
不調和がケートーの間でブリットと起こります。
「損失の裏の世界の大物」がまもなく父の死亡に関係していて
これに直面しそうであるということを、ブリットは知っています。

グリーン・ホーネット 概要